読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんからきりまで

きりみんです。

誕生日と死

24歳になった。
なんかTwitterとか職場とかでわりと祝ってもらって大変ありがたかった。
年齢が増える事は恐ろしいけれど、生きているという事を祝って貰えるのは大変ありがたいなぁと思った。

最近思うこと(死ぬのが怖い)

最近、というか20過ぎてから死ぬのが怖いという気持ちが非常に強くなった。
10代の頃に死にたい死にたいとばかり思っていた反動なのか、単に人生がそこそこ上手く行っていると生への執着が高まるのか。
子供の頃はわりと死にたがりで、漠然と死にたいと考えたり、なんか車に轢かれそうな子供をかばったりして鮮やかに死ぬのが夢だとか思ったりしていた。
それらはあまり真剣ではなかったのだけれど、ニートやめる直前くらいにわりと本気で死のうと努力した事があって、その時「あ、自分は死ぬ度胸ないな」と悟った。
それからわりと死に対する恐怖が強まった。


死ぬのが怖いといっても、別に守るものが出来たとかやり残した事があるからとかそういうやつではなくて、単純に意識が消える事が怖い。
本当に怖くて、数十年後の事を考えると必ず「でもその時までに死んでるかもしれない...」と思ってしまうし、駅のホームで立ってる時に「後ろから突き飛ばされたらどうしよう」とか思って黄色い線よりかなり後ろに下がってしまったりする。
暇だった時に一週間くらいずっと死について考えて生物系の本とか読んだり色々な宗教の死生観調べたりしてなんとか払拭しようとしたけど、結局考えないようにする以外の救いを見いだせなかった。
本気で不老不死になれればいいのにと思うし、人生はあまりにも短すぎるのでせめて寿命が800年くらいあって欲しいと思う。
こういう事書くとヤバイ宗教の勧誘とか来そうな気がする。

エンジニアとして

とにかく人生短いので焦る。
ここ数年わりと生き急いでいる感じだけど、それでもどんどん時間は過ぎてゆくし同世代の人たちはみんな優秀だしちゃんと考えて生活したいと思う。


あと、とにかく謙虚でいたいという気持ちが強い。
ぼくはすごく気が弱いので、チームに優秀だけど高圧的だったりコミュニケーションしにくい感じの人がいたりすると物凄く辛いし萎縮して生産性や品質が1/100くらいになる。
自分は出来るだけ謙虚で愛想良い人間でいたいけれど、わりと調子に乗りやすいし上下関係に敏感なので無意識に相手によって気が強くなっていたりするような気がする。
特にエンジニアコミュニティのノリに触れているとつい毒のある事が言える=優秀みたいな気がしてきてしまうので、本当に気をつけたい。
そもそももっとメンタル強くなりたい。


少し前まではオフィス労働をせずに一人静かに生活出来るようになるのが目標だったけど、最近それだけでは精神が救われないのではと思い始めてる。
そんな24歳です。

広告を非表示にする